カントン包茎手術の失敗談まとめ|よくあるトラブルと対処法を紹介

カントン包茎手術の実施を検討しているのであれば、事前にカントン包茎手術の失敗談を知っておくことがおすすめだと言えます。
施術ミスを始めとする様々な問題に遭遇する可能性があるので、事前に起こりやすいトラブルの内容と問題に直面したときの対処法を知っておくことが大事です。
問題が起こらないようなクリニックを選んでおくことが大切ですが、どの医療機関を選ぶ場合でも100%トラブルが起こらないとは言い切れません。
事前に失敗に関する知識を身に着けておき、いざというときにどういった行動をするべきなのか理解しておくことが重要です。

ツートンカラーや皮の過不足など包皮の問題

まずは包皮に関する問題をあげることができます。
カントン包茎手術を行うときには、包皮を切除することによって症状を改善することになりますが、ペニスの途中でピンク色と茶色にハッキリと色が分かれてしまうことがあるので要注意です。
傷痕の位置で起こる問題なので失敗だとは言えませんが、施術を受けた人からするとここまで目立つと思わなかったと後悔することが多いと言えます。
包皮の切りすぎによって皮が足りず窮屈な思いをする、反対に包皮が余って包茎が完全に解消されないというトラブルが起こることも少なくありません。
いずれの問題が起こった場合も、再手術を検討するしか問題を解決する方法はないと言えます。
ただし、皮を切りすぎてしまった場合に皮膚を戻すことはできないので、やはり腕の良い医師がいるクリニックを選んでおくことが大切です。
失敗してしまったクリニックで再手術を依頼すると、再び納得できない仕上がりになってしまう可能性もあります。
包皮に関する問題が発生したのであれば、再手術に対応している病院を利用すると良いです。
連絡を行い、施術可能かどうか判断してもらう方法を選ぶことがおすすめだと言えるでしょう。

裏筋が切除されることで不感症になる問題

カントン包茎手術を行った後に、不感症になったという失敗談を見たことがある人もいるはずです。
これは、気持ち良さを感じるために必要な裏筋と呼ばれる包皮小体部分を切除することで起こる問題だと言えます。
裏筋を切ってしまった場合は、感度を元に戻すことが難しく、クリニックで診察を受けても大幅に感度が改善される可能性は低いです。
この問題が起こらないようにするためには、カントン包茎手術を実施する前に、裏筋を残す手術を実施している病院を選んでおくことが大切だと言えます。
たとえば、亀頭直下埋没法であれば裏筋の切除が避けられる可能性が高いです。
事前に医療機関のホームページや実際に利用した人の体験談をしっかりと確認しておき、不感症の問題を引き起こす可能性が低いと感じた病院を選ぶようにしてください。
気持ち良さを感じる部分を失った後に感度を取り戻すことは不可能なので、問題が起こらないように事前対処が重要だと言えます。
安さや通いやすさだけで選んでしまうと、裏筋に影響が出る施術方法や腕の悪い医師に施術される可能性があるので、あらかじめ調査を行ってトラブルを避けることができるようにしておくと良いでしょう。

追加費用による金銭的なトラブル

追加費用による金銭的なトラブルが発生するケースも多く、最初に考えていたよりもかなり多額の費用を請求されて大変な思いをする人もいます。
包茎手術は15万円から25万円ほどで実施できることが多いですが、麻酔の種類や量を変更したり、オプションをつけたりすることで費用が追加されることも多いです。
また、手術が終わった後に痛み止めを追加してほしいけれど高額な費用を請求された、病院側のミスで失敗が起こったのに再手術に高額な料金がかかったというようなケースもあります。
カントン包茎が治ったけれど莫大な料金を請求されるというケースもあれば、治らない上に高い治療費を払うことになったというケースもあるので注意が必要です。
国民生活センターに問い合わせや相談を行う人も多く、国民生活センターから包茎手術に関する注意喚起が行われたこともあります。
このような問題を避けるためにも、やはり最初にきちんと病院選びを行っておくことが大切です。
料金が安く感じられても追加で請求される、失敗してしまうようでは意味がありません。
きちんと選んでいてもトラブルが発生したのであれば、泣き寝入りせずに国民生活センターなどに相談することが大切です。

まとめ

カントン包茎は手術によって治すことができますが、これを行うときには失敗を経験する可能性もあります。
施術ミスや金銭トラブルなど様々な問題に直面する可能性があるため、事前に起こりがちなトラブルを理解しておくことが大切です。
あらかじめ実施しておくべき対処や問題が起きたときに実施すべきことを知っておくと、リスクを下げたりスムーズに問題が解決できるようになったりします。
せっかくカントン包茎手術をしてもトラブルに見舞われてしまえば意味がないので、失敗談や対処法を十分に理解してから施術を受けることが大事だと言えるでしょう。